ヘッドコーチあいさつ

本年度も十六校が行われ青山高校水泳部の部員からも34 名が出場し、どの選手も短い期間の中で集中して夏練に取り組み、その実力を発揮してくれました。 昨年からの大幅な戦力ダウンに伴い順位は男子12 位、女子14 位となり、男子は順位を大きく落としてしまいましたが、今年度は「全員ベスト」を達成しています。十六校の2 日間で、出場した選手全員が個人種目で1種目以上自己ベストを更新し、個人68種目60中種目がベストという高いベスト率を記録することができました。また、本年度もたくさんのOB・OGが駆けつけ、青山の応援席も大変盛り上がりました。平日のお忙しい中いらっしゃったOBさん方、ご支援ありがとうございました。

さて、現在もまた来年度の十六校に向け練習が行われていますが、来年も引き続き全員ベストを達成し、順位の上でも強い青山を取り戻したいと思っております。今後ともご支援のほど、何卒よろしくお願いいたします。

(ヘッドコーチ 43期 清水銀河)

GMあいさつ

OB会員の皆様、こんにちは。現在、GMを務めております36期の藤井真州と申します。皆様からいつも多大なるご支援を賜りまして、現場を代表しまして心より御礼申し上げます。さて、現在の青高水泳部は厳しい状況にあることをご存知でしょうか。学校自体の風潮も年々変化してゆき部活動よりも勉学を求める声が多くあり、また十六校の競技レベルも高まっており高校から始めた選手には決勝の舞台を目指すことすら容易ではありません。

そのような状況下でコーチ達は懸命に指導に当たってくれています。しかし経験が浅い部分もあり、ここ最近の十六校ではチーム順位が伸び悩んでいます。私は、今こそコーチへの支援をより厚くしなければならないと考えます。支援には様々な方法があると思いますが、そのどれもがコーチをより成長させるのです。 来年の十六校にて入賞を奪還するため現場一同精進して参りますので、どうぞ今後とも応援をよろしくお願いします。

(GM 36期 藤井真州)